ひとりディズニー

ディズニーと私

キャラ知らないから全然興味ないし!!
遊園地とか苦手だし!
家にこもってた方が楽しいに決まってるだろ!

行く人がいな…い、ウッ頭が…

言い訳はよせ

というわけでですね、一人特攻してきました。
20年くらいぶりですね、はるか昔両親が連れて行ってくれてなければ
こんな蛮行には挑めなかったと思うので感謝です。
Twitter上では死ぬのかとか言われまくっててホント面白かったです。

目標設定

大きく二つ

1. 楽しいのか検証
2. いっぱい回りたい

1つ目について

ディズニーに行かない人は人生の5割損してるとか言われたことがあった。
うわっ、私の人生少なすぎ…

あと、単純にいく人がいるから楽しいだけじゃないのって思い。 コードギアス2期でもこんなセリフあるし。

旅行なんてのはね、どこに行くかじゃなくて誰と行くかなのよ

つまりですね、夢の国は誰にだって夢をくれるのか。
俺は失った人生の半分を取り戻す!ここで!!

人はぁ平等ではない。 生まれつき足の速いもの、 美しいもの、親が貧しいもの。 病弱な体を持つもの。ディズニーに行く人がいないもの。

2つ目について

まぁせっかくだし攻めようかなと。途中であきらめましたが。。

経路

前日に調べて8時に入れることを知り、6時起き。
7時半ごろから入園待ちしてモンスターズインクのFP(10:45-)を取って、ミッキーの家とミート・ミッキーへ。
ミッキーがめっちゃ動くから一緒になって動いてたらキャストの人たちにめっちゃ動きますねお兄さん!と言われる。

続いて隣のチップとデールのツリーハウスへ。
まぁ一通り見て次のアトラクションへ。

次も混んでそうなあたりいくかぁということでスプラッシュマウンテンの方へ。
20分待ち程度だったので即スタンバイ列へ。
私ジェットコースター怖い…

そのあとはFPとれたのでハニーハント(17:45-)もらいつつ、
あんまり待ち時間なさそうなスター・ツアーズへ。
3Dやりますねぇ!!

このあたりでバズライトイヤーのアトラクション全然人が減らないことに気づき
次のFPはこれしかないと思う。
で、時間になったのでモンスターズインクへ。キャラがかわいいのう。

そのあとスペースマウンテンの待ち時間を見てどうすれば効率よく回れるかなー
とか思っていたら知らないファミリーに
「お兄さんスペースマウンテンのりたい?この子乗らなくなっちゃったからあげるよ!」
って12時4分くらいに12時5分までのFPをもらう。一緒に入っていくことに。
ジェットコースター怖い…

バズライトイヤーのFPをもらいつつ(18:30-)
スティッチエンカウンターへ。えっこれ他人事で済むよねって焦った。

このあたりからつーかーれーたーもうかえるーーーって精神状態になっていた。
暑かったしね。

帰ることも考え、夕方までいるかよ!俺はプーさんに会いに行く!!
とハニーハントのスタンバイ列へ。
よく考えてみると前に行ったときハニーハントすらなかったのよね。

続いて近場のアトラクションへ。ホーンテッドマンションに普通に並んで入る。
いきなりスピード上がんないよねっていう怖さがあったとかなかったとか。

西の方のアトラクション行ってなかったのでどこか行こうと思う。
トムソーヤ島いかだに乗りちょっと見て戻る。

このあたりでお昼ご飯をようやく食べた。
けどくたくた。
もう帰ろうかなと思いつつチキルームをやたら推してくる人がいたなと思い
地図も見ずこっちの方っしょと探しに行く。

そこにあったのでカントリーベアシアターを見てからジャングルクルーズへ。
あのノリを日常に持ち込みたい。

もう全部回る気はなかったので時間的にカヌーは目指さずチキルームへ。
アローハー。

帰ろうかなと思いつつ白雪姫そういえばまだだっけと思いながら適当にさまよう。
あいていたのでフィルハーマジックみて、シンデレラ見て白雪姫見て。

エレクトリカルチョウザメパレードみて帰還。
あんまり見てるとこみそうだから早めに撤退。

で、リラックマストアに寄って帰還。
ごめんなさいお土産買い忘れました。
帰りの手提げはリラックマストアなのにディズニー行ってきました。

ということでまぁそれなりに楽しめましたとさ。
誰にもわかんない程度に髪を染めたときより有意義なお金の使い方だったと思ってます。(ネタになった分)
目標?なんだそれは。一緒に行く人がいたらもーっと楽しかっただろうな!!!
俺の人生の半分はディズニーに行けば戻ってくるんじゃなくて…きっと…ああああああああああああああああああ

閉廷!!

スペシャルサンクス @sie_vc

にゅうだんのふりかえり

はじめに

宗教法人はるまき団に加入して8か月くらいたちました。
はるまきをからあげというよくわからない信条をもった、でも、とてもいいひとたちばかりいるばしょです。

もちべ

これまで練習=Gバンド6thだったので、また次の活動をしていくにあたり節目なのかなって思ったため。 まぁあと単純に思ってることを整理して書き留めときたいなって思ったからでもある。

決意(入団まえ)

会社でうまくいっていなかった、そこに尽きると思う。
何かほかの活動してみたいなって思っていた。できれば歌がいいなって。

そこで偶然これのRTをみつけた。

このビッグウェーブ乗るしかない!!

正直なところ怖かったです。
知り合い(@ina_takeha)つながりのフォロワーの人たちがRTしていたわけなんだけれど
ゲームでちょっと対戦したことあるだけで、特に面識もない。
加えて、自分は楽器経験もなく(小学生の頃のピアノくらい)
大学のアカペラサークルも適当に過ごして来てしまった。
でもまぁ、歌うのは好きだしいいかって。

ネガティブだからお断りされたら辛いだろうな、とか思いながら*1見学に行きました。

PT加入(見学~入団)

行ってみたらいい人たちばっかりだった(小学生並みの感想)
推し[ゲーム|キャラ]について熱く語れないので、自己主張があまりできず
(別の意味で自己主張してたかもしれませんが)
自分が輪に入れるかどうか、はまた別なのかもと少し思っていました。 団長さんが手をよく動かしているなぁ*2ってのが第一印象だった気がする。

入団希望の確認については、 音楽とか歌とか、正直あんまりわかんないけど…ここに来たい!って思って入団したいって返信を送った。 余計な一文を付け加えて。*3 そのせいで面倒くさがられないよなとかしょうもないことを考えた気がする。

そんなこんなで無事PTへ入れてもらえました。

旅立ち(ゲーム合宿辺りまで)

今もあまり変わっていないが、生活をまわすのがギリギリなバイタリティーだったので、 練習は練習に参加することを最優先に、それ以外での練習はしないと割り切っていました。

Splatoon以外やっていないおじさんなのはどうなのかなと思っていたところだったので、 思い切ってPS4とRemoteプレイしてみたいというだけの理由でVita*4を買った。 それでやったのがP5と、その後FF15ですね。あと、スパロボVスパロボMD積んでるな…つれぇわ。*5

そんな頃に、とりあえず合宿があるらしいということでついていった。
普段の練習もだが、コミュ障特有の壁と喋るようなことをしそうになっているところで、
みなさんに気遣ってもらえてとっても居心地のいい場だなって思えました。 *6
ちゃんと書き留めておかないから合宿の思い出がちゃんと言葉にできないの悔しいなぁ。。
からあげははるまきらしいと教えてもらえたのもこの時だった気がする。
つまり、ぼくにとってからあげ記念日はこの日なわけだ(?)

翌日は是が非でも有休をとるべきだったと後悔をした。*7

吸収(12月~2月くらい)

書くのに飽きてきたのでこの辺から粗目に。
クリスマスがさみしくない!!すごい!!って思った気がする。
会社で泣いたりのピークはこの時期だなぁ、そういや。お陰で記憶が飛んでる。

以下の点から、自分はここにいてもいいのかなという葛藤があった。
-アカペラ時代からの悩み、微妙な音外し*8してそうな気がする
-というか楽譜読めない(皆さん難しい話をしているなぁと思っていた気がする)
-同時期に入った人たちと比べ、入団した理由が一番アレ
-といった(多分)些末なことを考えてしまう

冷静に考え直すと単に気持ちが落ち込んでたからそういうこと考えちゃってただけかも。
あと、冬は活動力が低下したりとかそういう理由かも?

Gバンド合宿もこの時期だったかな。 FF9を合宿中にdisc4まで進めて何やってんだ俺はってなった記憶。 あとFF9本番で立ってられるか不安になったな、確か。

合宿よりもその前のナイルさん結婚式2次会に行ったのが思い出としては強いかも。 勢いで参加にしたもののここにいていいのだろうかとすごく思った。 義弟さんにヨーヨーネタで絡むという最高によくわかんないことをした。*9

switch発売直後の練習の時に、ナイルさんとお互いに持ってくると思ってましたよと言って、
夕飯のお店にて並べたのが印象的な出来事でした。

直前期(3~本番直前)

いい加減歌は覚えてきたものの衣装どうするんだよ!!って悩んだのが一番印象深い。
自分の好きなゲームってなんだよ、語りたいのってなんかあっただろ!!
って必死に思い返して.hack//G.U.のトライエッジ(濡れ衣)好きだったなぁと。
顔隠れるしちょうどいいやって 似せるより雰囲気とインパクト重視でいくぜって思った結果でした。

ただ、ゲーム自体が古くて衣装そのものがみつからなかったので 元ネタを加工するという暴挙に出た。 スケジュール的には合わせの1週間前に情報処理技術者試験で、 加工の日がほとんどとれず絶望的だったけど勢いで押し通した。 もう塗りたくない。貼りたくない。レイヤーってすごい。

本番

まぁ多少は緊張しますよね。
アカペラのときは音一人だから声でなくなりそうなレベルに体こわばった苦い思い出もあったりと。
でも、ひとりじゃないからどうにでもなるかって思いました。

あの顔面、何度も取れてくるので大変でした。
立ってるだけで驚かれたりするのは結構面白かったですが、
後半は早く落としたい!!って思っていましたし、
なかなかキレイに落ちなくて大変だったりもしました。
キャラづくりのためにいつもより目を大きめに頑張って開けていたりとか。
皆さんクオリティー高すぎてインパクト重視とか考えてる場合じゃなかったなと思いました。

一部のとき、立ってるだけで足痺れちゃってこの後どうなるんだろう、
と不安に思ってましたがどうにか回復したので良かったです。

FFの指揮者の人超楽しそう!やっべぇ!!ってなった。 そういう姿見てるとこっちも楽しくなってきちゃいますよね。
そういうときだからこそ冷静にならなきゃって思えたのでアカペラ経験も無駄ではなかったのかななどと。

楽譜を持てるって自信ないときは見てもいいんだって気が楽になったりとか。

長々と思ったことを書いてはみましたが、とにかく楽しかったです。

合唱について

合唱やってみて思ったことがあります。
アカペラやってきたときって各パート一人だったので、みんなで音楽を作る、といってもどこか自分一人でやるしかないっていう必死さみたいなものがありました。 でも合唱だと本当に独りじゃなくて、同じパートで頼ることもできて(もちろん全面的ではなく) なんかそういう方が楽しいなって。
特にアカペラやってたときってテナーな音域だったりリードボーカルやってみたり、オケで一緒にやると音の迫力が全然違ったり、 今とは全然違うことやってたから新鮮味だったりとにかく楽しいです。

まとめてみた感想

めんどくせぇ奴め!

ここ(CCM)にいるのが好きです。
なんとなく居場所を見つけられて、合唱楽しいなって思えてることだけ伝えたかったです。

ここまで読んでくれた方ありがとうございます。 CCMのみなさんのおかげで、いまぼくは、ここにいます。
大したことができるわけではないですが、やれることをやっていきたいと思います。
やらずに諦めたく、ないですから。

*1:杞憂だった

*2:今では一緒に動かせるようになりました

*3:署名の名前間違ってますよ^^

*4:FF9をやった、ごろ寝でPS4はいいぞ

*5:MD以外はプラチナトロフィーとってるから許して

*6:自分の嫌なところで、素直にそれだけって信じ切れてないところがどこかにあったような気もしてはいる

*7:その経験から、6/16はきちんと有休をとりました

*8:半音まではいかないけど1/4音くらいずれてると結構指摘された思い出

*9:ぼくは1Aより4Aの方が映えると思います(クソリプ